オンラインカジノの安全性は運営ライセンスの信頼性に直結をしていると言っても過言ではありません。

取得が難しいとか、そのような事もありますが、もっと重要な事は、しっかりとプレイヤーの資金が保全されているかという事が重要なのです。

信頼性の高いオンラインカジノの運営ライセンスの発行国であれば、例えば、そのオンラインカジノサイト自体が倒産をしてしまった際の、プレイヤーのお金を保全をしています。なので、ライセンス発行国にその旨を伝える事で、例え、自分がプレイをしていたオンラインカジノサイトから出金が出来ない状態になっても保全をされます。

運営ライセンスの発行国はもしものときが起った際に、自らがプレイヤーの保全をするという事で、オンラインカジノのプレイヤーが安心をしてプレイをする事が出来る環境を整えているのです。

だから、イギリスのライセンス、ジブラルタル、マン島というようなオンラインカジノ運営ライセンスを取得をしているオンラインカジノサイトが良いという事になります。

また、この構造を反対に言えば、オンラインカジノの運営ライセンス発行国からすれば、資産状態を調べ、公正公平な運営がなされているかを調べるという事をしないと、そのサイトが潰れてしまった際にプレイヤーのお金を保全をしなければならないので、しっかりとしたオンラインカジノライセンスになればなるほどライセンス料も高額で、また審査も厳しいものになっているのです。

だから、オンラインカジノというのは、このような事によって、安全にプレイをする事が出来る環境の構築をしてきた結果としてヨーロッパでは既に大きな産業となっているのです。

その証拠にオンラインカジノの運営企業、ゲーミングプロバイダーという開発企業などは株式上場をしている企業も多く、スポーツチームのスポンサー、テレビCMなどを流したりと、オンラインカジノを知らない人はまあいないでしょう。

なので、オンラインカジノは実際にはかなりメジャーな産業に成長をしているというものなのです。なので、オンラインカジノは決して胡散臭い業界という事ではないということをまずは理解をして頂けたらと感じます。

 

株式上場企業が運営をしているオンラインカジノサイト

ベラジョンカジノ

インターカジノ

ウィリアムヒルカジノクラブ

32Redカジノ

 

国際関係とオンラインカジノの運営ライセンスの関係

またオンラインカジノの運営ライセンスは多くが政府発行の正式なものとなっています。

例えばイギリスのオンラインカジノ運営ライセンスを取得をしているオンラインカジノサイトが国際的に問題が提起された際には、国際問題に発展をするという事も珍しくありません。その際に、オンラインカジノの運営ライセンスの発行国であるイギリスと、問題提起をした国の国際問題とし話し合われるか、しかるべき国際機関に問題が提起され問題解決をするという事になり、案外と大事になる事が予想されます。

この場合にはいづれの国にとっても税金の話になってきますから、いづれも税収を確保をするためにかなり必死になります。しかしながら、国際的な地位が高いほうの主張や国際関係なども絡んでくるので、基本的に国際問題にはしたくないという事も各国政府にはあります。

また、国際期間同士の争いになり、オンラインカジノのライセンス発行をしている国では合法なわけですから、勿論の事、オンラインカジノを問題視してきた他国政府が犯罪だとして証拠になるような資料の提示を求めても、ライセンス発行国としては合法な国なわけですから、基本的にオンラインカジノを問題視をして問題提起した国に有利になるように動いてくれるわけがありません。

と、まあ国際的にも色々とあるのですが、案外としっかりとオンラインカジノ業界というのは動いておりグローバルには認知をされながら、国家間の問題は国家間でしっかりとやってくれる体勢の構築は出来てきています。

だからこそ、オンラインカジノは世界的に言っても株式上場をする企業も出てくるし、特段胡散臭いものではないという事が言える業界となっています。