人気youtuberのHIKAKINさんは本当にスゴイと思うのですよね。

何かと情報発信をしていると、やはり非難などもあるわけで、案外とダメージが大きいものです。なんでyoutuberとオンラインカジノが関係あるの?と思う方もいらっしゃるでしょうが、オンラインカジンのブログなどでも、やはりね・・・情報発信をしていると批判非難というのはあるものですので。

このような好感度の高い人気のyoutuberにはもっと非難、避難もくるのだろうと思っていたら、単純にHIKAKINさんスゴイ!と感じたわけです。

日本一の知名度を誇るyoutuberになったHIKAKINさんであれば、毎日良いコメントだけではなく相当数の良い気分ではなくなるようなコメントなどもくるでしょう。

でも!!

対応をしっかりとするという・・・また動画製作の際に間違った情報を伝えてはならないという事、著作権、商標に対しての対応などもしっかりとしているという事も、プロフェッショナルそのものです。

だんだんと、忙しくなってくると細かい事がおざなりになっていく事も多いのですが、情報発信の基礎的な部分をしっかりと厳守をして、しかも一人で動画撮影から編集までをこなすというのは、並大抵の事ではないと・・・

その凄さ!と来たら。

ちなみにHIKAKINさんは、僕よりも年齢は下ですが、やはりどこの世界でも一流の人は、行動も品格も異なる次元になっていくものですね。

また、もともと几帳面な人なのでしょうね。動画などを見ていても掃除をしっかりしていたりと、細かいところに、その人がどのような人なのかという事が滲み出ています。

個人的にSeikinさんもなかなか良いと思っています

以前はHIKAKINさんをあまり好きではありませんでした。しかし、見ていくとなかなか面白いわけです。そこに兄Seikinさんを知るわけですが、まあ、あまり良く知らなかったので「Hikakin人気に兄弟がくっついてきたタイプか・・・」と思って良いイメージはありませんでした。

けれども、だんだんと見ていると・・・Seikinさんも面白いし、なかなかスマートな人であると思ってきました。ああ。。。弟のHIKAKINさんが光るのは、お兄さんの存在も大きいのかもしれないなぁ~~~と仲の良い兄弟というものを見て若干うらやましいとも思うわけです。

youtuberが仕事、職業になるとすれば・・・もう素人考えで有名にはなれない

youtuberがなりたい職業ランキングで高い順位となっているようですね。動画を作成をして投稿をす小学生とかもいるようですが・・・ちょっとイタイなぁ~と生暖かい感じになってしまいます。

また、コモディティー化すればするほど、つまりは職業として認められるようになってくると、全体の動画製作のレベルが上がってきます。

動画製作は自分で出来ないという場合には企画だけ立てて、動画製作の事務所などに頼んで編集作業をするという事も多く見られるようになっていくでしょう。

素人っぽさが良いと評価をされて、人気が出てくるという段階を経てですが、youtuberの動画編集能力もかなり底上げされており、完全に素人が製作をした動画というようなものは減少をしてきています。つまり、「素人っぽい雰囲気のプロの編集」となってきているわけで、視聴者も本当に汚い動画編集のものなど見たくはないのです。

すると、今後はある程度のズブの素人ではないところまでの動画編集能力は要求をされる水準になってきているので、単純にyoutubeに参入をしても、向上心、努力、マーケティング能力がないと全くもってダメというくらいになってくるという事が予想をされます。

またコモディティー化する事によってyoutube自体の利用規約の変更によって、かなりテレビに近い規制が入り出している事から、だんだんとテレビに近づいてきており、面白味は無くなってきているという事も事実となってきています。

今度はyoutubeというプラットフォームを利用をせずとも、最近はサーバーのレンタル料金も低価格で、しかもある程度のサーバー容量が提供をされているので、自分のホームページに直接動画をアップロードをして動画視聴をする事が出来るようにしておき、ダイジェストをyoutubeに投稿をするというような形式が増えるのではないかと個人的に主っています。

HIKAKINさんは別次元として今後は動画を製作をしてアドセンス収入だけではもう無理でしょう

youtuberと言うと動画によって収入が入ると単純に思っている人が多いですが、あれはアフィリエイターならよくしっていると思いますが、結局はグーグルアドセンスなわけです。

そのアドセンスを貼る事が出来ない動画もあるわけです。基準がだんだんと厳格化されてきましたから、動画の視聴者が多ければ、稼げるとかそんな時代ではないわけです。既に動画の再生数だけではお話にならないという時代ですし、動画が例え人気が出たとしても、やはりその動画だけではマネタイズは出来ません。

いくら人気でも、広告を扱った事がある人なら良くしっていると思いますが、属性が必ずありますから、いきなり商品・サービスを人気動画に出したところで、商品・サービスの販売が促進をされる事はありません。

youtuberという存在や動画コンテンツもだんだんとコモディティー化しています。以前は、個人が情報を発信をして自分の顔を世間にさらすという事自体が珍しい事でしたが、現在では特段珍しい事ではなくなっています。

 

広告を出す個人、若しくは企業は、より広告効果の高い媒体を必要とするという事は目に見えていますので、ただ単純に動画再生数を稼ぐだけの内容のないyoutuberコンテンツにはなんの訴求力もないという事にもなりますから、多分、これからは、個々のyoutuberがより芸能人と同様の扱われ方をする中で、その人が何を訴求をする能力があるのかという事が大切な時代になってくるでしょう。

つまり、企業から直接、そのyoutuberと言われる人々にオファーを出し宣伝広告料金を支払って動画を作ってもらうという流れが加速をしていくでしょう。

youtuberの間で企業案件と言われている仕事ですね。

いまはyoutubeの動画の中にアドセンスの表示があるから、企業案件と分けられて考えられていますが、本来的には企業案件しかありません。なので、この人に広告をしもらいたいと企業が思うような人間でなければ、もうyoutubeという媒体で稼ぐ事は不可能でしょう。

なんと言っても、youtubeというのは単なる動画投稿プラットフォームに過ぎないのですから、今人気のyoutuberという存在であってもGoogleの恩恵でのトラフィック獲得であるという事は間違いないのです。

他人のサーバー上の自分のアカウントというのは、いつ閉鎖をされてもおかしくないので、これからは自分の仕事を守るという意味合いでもyoutuberでも自分のサイトに直接動画をアップロードをしていくというスタイルが主流になっていくと思われます。

youtuberというより単純に動画クリエイターという職業に戻っていく可能性が高い

youtuberという名称ではなく、単純に動画クリエイターか、若しくはタレント兼クリエイターという形式になっていくと思われます。

まあ、独自に自分をプロデュースをして、そして動画の演者として出るという、全てを自分で行うというクリエイターというものに集約をされていくのではないかと思うわけです。

そもそもyoutuberという言い方がおかしいのです。youtuberってGoogleのプラットフォームに頼っているだけのものですし、これがコモディティー化していく事によって、テレビ業界に非常に近い枠組みになるという事も予想され、規制がきつくなり、結局はyoutubeから人気となった人がよりきわどいコンテンツを作りたい場合には会員制のクローズの独自のサイトで動画を公開をしていくという流れがやはり自然でしょう。

ただ、youtubeというプラットフォームでアドセンスの収入でやっていけると思っているような人は生き延びていけない時代に突入をしていくと思うわけです。なぜなら、結局のところ、動画をどれだけ出そうと、マネタイズをする事が出来ないのであれば、生きていく事は出来ないのです。

その最も根源的な部分を分っていない動画クリエイターは、これから淘汰されていく時代になるでしょう。

 

なんだか、オンラインカジノと全く関係のない記事を書いてしまいました。

この手のビジネス的観点の話が好きですし、マネタイズの話は大好物なので、オンラインカジンの内容は入らなくても時々、このようなビジネス的観点の記事を書いていきたいとも思います。

当サイト 人気オンラインカジノ 記事

オンラインカジノのライブバカラで100万円を稼ぐ方法

ビットカジノ: EvolutionGamingの究極のVIPテーブル

エンパイア777に新しいライブカジノルームが追加されていた