パイザカジノ ライブカジノ オンラインカジノ

オンラインカジノはパチンコ出玉規制の事などもあり、最近はさらに飛躍的に認知度が上がったという感じがするのですが、何かオンラインカジノは良いイメージというものが持ちにくいジャンルではあります。

でも、オンラインカジノ業界は世界的にしっかりとした業界であって、オンラインカジノサイトを運営をしたいと思ってすぐに出来るような簡単にはじめられるようなものではないという事などを理解をして頂ければ、オンラインカジノ業界が適正でクリーンな業界であるという事が御理解を頂けるのではないかと思い、この記事を書く事にしました。

では、オンラインカジノ業界の一般的な解説をしていきたいと思います。

 

オンラインカジノ業界とは、どのような構造なのか?本当にオンラインカジノ業界なんてものは存在するのか?

そもそも、オンラインカジノ業界なんてものは存在をするのか?と疑問に思っている方がいるのではないかと思います。オンラインカジノとか言っているけれど、正直適当な企業がそれぞれ独自に勝手に行なっているものでしょ!!って考えている人も多分いるのではないかと思います。

オンラインカジノというのは、オンラインカジノサイトを経営をするのも、またカジノゲームを開発をする企業も、経営する企業も、オンラインカジノを運営をする事が合法な国で且つ、政府か、政府に順ずる機関のライセンスを受けない限りオンラインカジノを運営をする事は出来ません。

 

オンラインカジノの運営の仕組み

 

適正なオンラインカジノの運営ライセンスを取得をしていない企業が、ゲーミングプロバイダーからカジノゲームのプログラムを借り受ける事なども出来ないので、適切にオンラインカジノの運営ライセンスを取得をしていなければ、そもそもオンラインスロットや、本物のカジノディーラーとライブ中継でカジノゲームをプレイをするためのシステムを借り受ける事が出来ないのです。

故に、オンランカジノの運営企業、オンラインカジノのゲームを開発する企業などは、それぞれが適正にライセンスを受けた企業でない限り、オンラインカジノ関連のビジネスをする事は出来ないようになっています。

つまり、ある一定の要件を備えたオンラインカジノ運営企業、オンラインカジノのゲームを開発をするゲーミングプロバイダー、オンラインカジノの運営ライセンス発行国と相互関係で成り立っており、相互に監視監督をするという構造をとりながら、オンラインカジノ業界に不正な勢力が入り込まないようにしています。

 

社会的信頼で見ても株式上場をする大きな企業もたくさんあるのがオンラインカジノ業界

社会的信頼性という点で企業を見る際に、株式上場をしている企業かそうではないのかという点は、社会的責任、株主に対する責任などを負っているという点で大きく信頼性を担保するものになります。

株式上場を果たしているオンラインカジノサイト及び運営企業

などなど

 

オンラインカジノ業界の大手企業や、またカジノゲーム開発の大手企業は株式上場をしている企業が多く、その中でオンラインカジノ業界は適正に社会的責任を果たしながら動いています。

また信頼性がある証として、オンラインカジノの運営企業は数多くのエンターテイメント業界への投資を怠らずスポンサー活動も大規模に行なっています。

特によく見受けられるのがスポーツ業界へのスポンサー活動です。サッカーチームでマンチェスターユナイテッド、ファトフォードなどがありますが、それらもオンラインカジノ運営企業から莫大な資金をスポンサー料金として受取っています。

また、スポーツの大会の運営にしても、スポーツギャンブル最大手のイギリス企業であるウィリアムヒルPLC(ウィリアムヒルカジノクラブ、ユードグランドカジノなど複数のオンラインカジノ運営)がスポンサーをしており、海外のロードバイク、ドックラン、などを見ているとウィリアムヒルのロゴを多く見る事が出来るでしょう。

オンラインカジノの批判をしている人はオンラインカジノの上場企業などよりも社会的に信頼出来る人ですか?

このように、オンラインカジノは現在日本で報道とか、何か批判をしているような自称専門家、また法律専門家のような人が言っているように、特段不透明な業界ではありません。

後ろ暗い業界なのであれば、オンラインカジノ運営企業やゲーミングプロバイダーなどに株式上場など認めないでしょうし、スポンサーとしてスポーツの世界に出てくる事もないでしょう。

しかしオンラインカジノ運営企業、またカジノゲームを開発をするゲーミングプロバイダーはメジャーな世界でスポンサーをしたり、CMを打ったりとオンラインカジノは世界的にはメジャーなエンターテイメントとして認識をされており、特段珍しくもないものです。

それを知らずして、日本国内の自称専門家や、オンラインカジノ業界をロクにしらない法律専門家などが何かオンラインカジノは危険というような言い方をするものだから、変なイメージがついています。

それらの人々よりも余程オンラインカジノの運営企業はリスクをとりビジネスを展開をして、そして株式上場もまで果たしているのですから、自称専門家、自称弁護士、また業界には詳しくなりけれども曖昧にオンラインカジノが良くないかもと知ったかの法律専門家とどれが信頼出来るでしょう。

オンラインカジノの運営企業よりも余程信頼が出来ないのは、自称専門家や、ロクに業界を調べていないで批判を展開をしている法律専門家などです。よもや株式上場までしてビジネスを展開をしているこれらのオンラインカジノ運営企業と、自称専門家や名前もよく分からないどこぞの法律専門家のネット上で書いた見解といづれが信頼性が高いでしょうか?

また、ビジネスで株式上場企業のオンラインカジノ運営企業などが日本も含めたアジアの市場に出る際には、名前も知れないような日本国内のお客様もまともに取れないような街角の法律事務所ではなく、大きくグローバルに展開をしている大規模ロウファームと世界各国の一流の法律専門家で構成されたチームでリーガルリサーチをしてビジネスの展開をするわけです。

信頼性はいづれの方が高いか?という事は普通であってもすぐに理解をする事が出来るでしょう。

 

最後に

オンラインカジノの運営企業が社会的信頼性が高く、株式上場企業もたくさんあると言う事が御理解を頂けたと思います。

また世界的にはオンラインカジノは特段珍しいものではなく、既に社会全体に溶け込んでいるエンターテイメントであるという事も御理解をして頂く事が出来たのではないかと思います。

そう、オンラインカジノ業界全体が、完全に良い業者ばかりというわけではないのは事実ですが、それは日本国内の業者で何を使うにしても不良業者というのは少しくらいはどこにでもいるものです。

オンラインカジノ業界というのも一部に不良業者はいるかもしれませんが、多くのオンラインカジノ運営企業、ゲーミングプロバイダーなどはしっかりと合法的にオンラインカジノをビジネスとして、そしてエンターテイメントとして世界中の人々に楽しんでもらえるよう公正公平な運営に尽力をしているのです。

これからの事から、もっとよりよくオンラインカジノと、オンラインカジノ業界を御理解頂けたなら幸いでございます。

 

他サイト 参考記事