バカラはカジノゲームでもかなり簡単というかシンプルなルールで非常に面白いカジノゲームです。

個人的なバカラはやはり面白いと感じます。

バカラで最も大切な事は、トータルで勝つという事を意識をするという事です。

バンカーにベットするにせよ、プレイヤーにベットをするにせよ、勝つ確率は大きくは変わりません。

またベット額を闇雲に変えないという事も勝つために大切な事であると感じます。

基本的にはマーチンゲール法を主体としてプレイをしていく事と、よくを出さず焦らないでプレイをする事でバカラは案外と順調に資金が増加をしていくということを体験する事が出来るという事も少なくありません。

なので、のめり込まなければ実際には案外と勝っているときもあるという事です。

どこで、ゲームを手仕舞いにするのかという判断によって、勝つか負けるかという分かれ道があるのであると感じます。

逆説的ですが、普通のプレイヤーは意識はしていなくても、最終的にチップが0になるところまでプレイをしてしまいます。これは人間が心理的にお金を持っているという上体よりも無いという状態の方が安定しているという感じがあるためです。

お金を持ち続けていたら、カジノゲームを続ける以外に選択をする事が出来ないという事があって、その状態に疲れてくると、潜在意識の中ではゲームを手仕舞いにしたいので自動的に負ける事によってしまうということになるわけです。

この心理的状態、潜在的な事を自分の中で意識をして、それを自分がしっかり認識をして、精神の状態というものを観察をしていくということも非常に重要な事です。

バカラというのは、基本的には自問自答です。

それを何度も何度も繰り返していくということですから、すなわち自分との対話という事になります。その中で勝たなければダメという事ですから、案外と真剣にプレイをしていると、面白さ以外に辛さもあるのがバカラです。

自問自答をして、自分と対話をして、そしてベットするという事を何度も、何度も繰り返していくというバカラは自分の心の動きを把握をするという意味でも大変に有意義であるというものなのではないでしょうか。

ギャンブルとしてのバカラだけではなく、自分自身との対話という事も意識をしてバカラをプレイしてみる事で、自分の心の癖というものを認識をする事が出来ます。

だから、それをしっかり認識をしていくためにバカラで遊ぶということは案外と人生とって有意義な事なのではないかと感じます。

あなたも一度バカラをしながら、自問自答をして自分の人生に役立ててみて下さい。